2012年11月28日

おでん屋の店主

サンプルが3軒なので一般化するのは危険なのだが、「おでん屋」さんの店主は、みんな喋りまくる方が多い。。

というか、その3軒とも例外なく喋りまくる。。

下準備さえきちんとやっておけば、あとはどうやって食べてもらうか、つまり注文し易いお客さんとの関係を作るか、がポイントなのかも知れん、と想像してみたり。

ということで、今夜はおでんを頂きますた。

N'EXクーポン

来月初旬、出張で成田空港を使うって言うんで、いろいろ準備をしております。

一般に、成田空港に鉄道で行くぞ、という時は、
成田エクスプレス
京成スカイライナー(スカイアクセス?)
が考えられますが、一般に後者の方がお安く使えます。

しかし、昨日、同僚が教えてくれた前者(成田エクスプレス)が少しお手軽に使えるクーポンを教えてもらったのでメモ:

http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=1744

なんでも、成田空港からの航空機を使う前提なら、当該クーポンが購入出来るんだそうな。
(適用条件の詳細はリンク先にてご確認を)

とりあえず、見送りでは使えなそうw

2012年11月27日

Milonga parties in France

とある方の教えて頂いたFranceでのMilonga party(アルゼンチン・タンゴのパーチー)情報をメモ。

http://tango-argentin.fr

関心したなー、と思うのは、それぞれのパーチーの案内サイトのテンプレートが統一されていて、何をどう見ればよいかが手に取るように分かること。

詳細については、各主催者サイトへのリンクも貼ってあるため、日時が決まれば詳細条件を追跡することも可能。

ポータルサイトの基本に忠実な感じで好感が持てますた♪

追記)上記サイト、、全面的にフランス語です〜。

2012年11月25日

JoeTango 6周年記念でパフォーマンスしますた♪

昨夜(11/24)、いつもお世話になっているJoeTangoで、6周年記念のパフォーマンスに出演しました〜。
パートナーは、タンゴの先生(Takamiせんせい)ですー。

2拍子の速めのテンポの曲で、結構体力も使うし練習もそれなりに大変だったんですが、ウケもとれたし(w)、終了直後は凄まじき達成感で、一晩あけた今もどこか余韻が残っている感じすらします(いや、アルコールが抜けてないとかではなくてww)


正直、技術的には改善すべきところは多々ありますが、まぁ、それは(例によって)おいおいということで♪

2012年11月24日

iPhone/iPadの"内蔵"辞書を使って、フランス語の本を読もう♪

iPadに各種辞書をダウンロード後、本格的に外国語の勉強を始める方もいらっしゃるかと思いますが、もう1つオマケで(今のところ)無償で古(いにしえ)の書籍をiPhone/iPadで読む方法をご紹介。

以下では、
  • デバイス: iPad
  • 言語: フランス語
  • iOS: 6.0.1
  • iOSの言語設定: フランス語
としてご紹介します。(英語やドイツ語でも同様の手順で出来ると思いますので、ご興味のある方は読み替えてやってみて下さい。)
  • まずはiBookというiPadアプリケーションをダウンロードし、起動します。
  • 左上の"Store"というボタンをタップ(すると↓のような画面が出てくると思います)

  • 左下の"In French"という部分をタップ(すると、↓のような画面に遷移します)
何やらいろんなフランス語の本が表示されました。今回は、"Le Japon"という本をダウンロードします。
  • ダウンロードした本をタップし、例えば、"garnissement"という単語を調べたい場合、該当語"garnissement"を長押しし、左から2番目の"Définition"をタップ。
  • すると、↓のように仏仏辞典が起動して意味が確認できますね♪



これで、iBook Storeの本は読み放題!というわけですね♪(この例で言う仏仏辞典が使いこなせれば、、、という前提ですが(汗))


2012年11月23日

続報 〜中国語の辞書もiPhone/iPadに"内蔵"できます〜

休みの日ってことで、中国語もやってみました。元の記事はこっち(その1その2)手順は一緒です:
  • キーボードに「中国語 - 簡体字」を追加(「繁体字」の設定でも出来るんですかねー。。)
  • メモ帳を開く
  • 簡単な中国語を記載
  • 当該の長めにタップ



  • 勝手にダウンロードが始まります。(ココは自動なので、しばしお待ちを。。)
  • 辞書はこんな感じ。「中日」辞典ですね〜。


それと、頂いたコメントでは、iOS5.xだと出来ないようですね。(私が持っているデバイスはみんな6.0以上なので試せてないんですが(汗))



iPhone/iPadの"内蔵"多言語辞書を使おう♪

1つ前の投稿で、iPhone/iPadで見知らぬ単語に出会った場合にiOSに内蔵してある辞書を起動する方法について簡単に触れましたが、英語以外の外国語を勉強する身としては、
他の言語で、こーいうのないの〜?
とずっと思っていましたw つまり(例えばフランス語で言えば)
見知らぬフランス語の語彙に対して内蔵辞書を起動出来ないか?
と。たまたま見つけたので、以下、フランス語を例として手順を示します。(以下の手順は、iOS6.0.1での説明です)


  • まずは、iPhone/iPadにフランス語のキーボードを設定します。(「設定」→「一般」→「キーボード」→「キーボードの追加」で「フランス語」を選択)
  • 「メモ帳」を開く
  • 「キーボード」をフランス語にする。
  • メモ帳に適当なフランス語を書き、長押しタップする。(例えば"Mercredi"(水曜日))
  • 1つ前の投稿のように"Define"を選択すると、不思議なことに辞書のダウンロードが始まるじゃないですかw


   NB: この例だと「改行」の部分が"retour"(フランス語で「改行」の意味)となっていますよね。因みに、iPhoneで同様のことを行うと、画面全部がダウンロードになりますw


前触れもなく、かつ全画面でダウンロードが始まるのでちょっと焦りますw

  • この状態で、仏仏辞典がiOSに「内蔵」されたことになります。メモ帳でも起動しますし、例えば、LeMondeアプリで表示した例が下記の通り:


ただ1つ厄介なのが、(1つ前の投稿でも書きましたが)どの辞書が起動されるか詳細な仕様は謎です。例えば、"pays"ていう単語ですと、
He pays his money to ...
のように英語の場合もあるし、
Le pays a commencé ...
のようにフランス語の場合もあります。

  • iPadの言語設定を"English"にした状態だと、どうも英英辞典が優先され、
  • "Français"にすると仏仏辞典が優先される
くらいしかまだ分かりません。。(大汗)

まぁ、無料でここまで使わせて頂いているので、1ユーザとしては文句は言えないのですけれども。。


上記はフランス語の例でした。個人的な用途では取り敢えず間に合っているので、その他どの言語まで適用可能か試せていませんが、皆さんもいろいろ試してみて下さ〜い♪

iPhone/iPadの内蔵辞書を使おう♪

外国語の勉強ってどうしても辞書が必要な場面ってありますよね。

iPhone/iPadなどに辞書アプリを入れて使うのも1つの手ですが、英和辞典や英英辞典ならiOS5あたりから各種アプリで辞書での意味検索ができます。

論より証拠。

  • メモ帳に"Today"と入力してみます。
  • "Today"の部分を長押し(タップ)する。

  • "Define"を選択する。
  • 下記のような意味が出てきます。



他のアプリケーションでも、意味が分からない単語の部分で長押しタップ→Defineと選択するとわざわざ辞書アプリを別起動することなく、意味は調べられます。

それで、問題なのが「どの辞書が選択されるか?」なんですが、これがどうも結構「気まぐれ」っぽくて、、(笑)

iOS5.xの頃は、

  • キーボードが英語の場合は英英辞典
  • キーボードが日本語の場合は英和辞典

と"棲み分け"ができていたようです。が、iOS6.0以降、この辺りのロジックが変更になったようで、体感的には「まず英和辞典で探して、そこで無ければ英英辞典から候補を引っ張ってくる」ようになったようです。


英語以外の外国語の辞書を「内蔵」させる設定はこちら

2012年11月7日

電子書籍の構成とか

最近、日本でもAmazonなどでKindle e-bookが読めるようになったよォ、ってことで一部でワイワイやっております。

個人的に、ほんの数ヶ月前に洋書をiPadで読み始めたんですが、試しにってことで3ドル程度のワインの本(英語)を読んでみました。

それぞれ、特徴があって面白いっちゃ面白いんですけども、1つ惜しいなというのは、文章と地図のリンク。

例えば、ある地域(ブルゴーニュ(Bourgogne)とか、ボルドー(Bordeaux)とか。)の説明があるとします。
そこには
【「○○」という山があり、「△△」という川があり、その北方の「□□」という村では、、、】
みたいな説明があるんですが、所謂紙の本をpdfに置き換えただけだと、「○○」とか「△△」とか「□□」などの地名と実際の場所なんかの関連が全く分からないんですわ。

まぁ、はじめから3Dにしろとは言いませんし、いろいろ見せ方の工夫ってのはあると思うんですが、地図情報が入り込んだ電子書籍であれば、mapアプリと連携するとかがあるといいな、と。

紙の本なら「しおり」を該当ページに貼り付けるなどすれば「飛べ」ますが、折角の電子書籍ならもう一工夫が欲しいよなー、と思った次第です。

(紙の)本の編集業務ってのがあるとすれば、電子書籍の編集業務は紙の本とは全く違う形になりそうですね。

2012年9月29日

単数なんだけど複数(どっちやねんw)

英語の勉強をしていて気になった点をノート。
性別が分からないとき、もしくは敢えて明示したくない時ってありますよね。

例えば、
「私は、ピアノを家に持っている友達を知ってるよ」
で、その友達の性別を言いたくない時。安直に英訳すれば、
I have a friend, who has a piano in his or her house.
ってなりますね。間違いじゃないけど、ちょっと鬱陶しいw

そんな時は、3人称のthey/their/themとかで受けるのがokみたいです、つまり
I have a friend, who has a piano in their house.
だと。一見、1人の友達(a friend)が複数になったかと錯覚するんですが(w)、意味は変わっておりませぬ。手持ちの辞書(ジーニアス英和辞典・第3版)には
Everyone thinks they have.(誰もが自分は答えがわかっていると思っている)
って例が載っておりますた。意味的には"they"は単数の"everyone"と同じ人を指しているんですけども、theyは文法的に3人称複数なので"have"で受ける。
(つまり、意味的には単数っぽいけど、複数扱いされる、、ヤヤコシイww)

感覚をつかむために、もう1つの例文:

Nobody has taken their seat yet.(誰もまだ席に座ってない)

nobodyをtheirで受けてますねー。

以上、ちょっとしたメモでした♪

2012年8月25日

高校のときに勉強してた英語の参考書

顔帳でちょこっと「受験英語」のことが話題になったので、自分が高校生だった時のことを考えて当時勉強してた参考書に一言コメントをつけて紹介してみよぅ♪

英語って、会話だけじゃなくて新聞や雑誌を読めないとお話にならなかったりする場面もあるじゃん。そういった文脈だと当時大学受験で勉強した方法ってのが参考になるかもなー、と思ったので。
勿論、これをやったからっていきなり速読が出来るようになったり、会話がペラペラになるわけじゃないってのは予め弁えた上で読んで下さいね。

  • 英単語:ターゲット1900

当時と随分装丁が変わった気がするけど、理科系の英語だったらこの程度覚えておけば大学受験は乗り切れた気がするなー。てか、学校の授業+この単語帳くらいしかやってない気がw


  • 構文暗記:新英語の構文150

自分が高校生だった当時でさえ、フォントが古い感じだったんだけど、基本的な構文はこれで身に付けた。構文ってのは、例えば
It is (形容詞) for A to B -> AがBするのは(形容詞)だ 
みたいなやつ。所謂、英文の「骨格」みたいなやつですね。


  • 英文解釈:英文解釈教室

これまた当時とは装丁が変わってしまって隔世の感だけれども(汗)、和訳問題が大学の2次試験とかにガッツリ出ていたのもあってしっかり勉強した気がするなー。

  • 文法

学校で使っていた文法のゴッツイ本の他に問題集としてコイツを使って解いてた気がする。確か中身の問題がランダムで、激しく脳みそを刺激する内容だった気がするんだけども(笑)、そのお陰で高校で習う範囲の英文法に苦手意識は無くなった。


今振り返ってみると、新聞や雑誌を読むにあたっては「原則論」的なところは(当時としては)しっかりやってるっぽいのだけれど、現場で使われている「ナマの英語」には触れてなかったなー、という感じがする。
何だかよく分からん童話みたいなのを副読本で読んでたけども、現実離れし過ぎていてさっぱり面白くなかったなー(汗)

、、、と「自分史」的なのを振り返ってみると、今の自分が外国語の新聞や雑誌を読むのに苦労してる理由が少し分かってきた感じがするw

「慣れ」が圧倒的に足りない。

修行だ修行ww


2012年8月19日

経験か、データか。

Brad Pittが主演の実話を元にした野球の映画MoneyBallのPaperBackを読んでいるが、意外に深い(?!)話が書いてあったのでメモ。


ざくっと言うと、「弱小野球チームを勝たせるにはどうするか?」を命じられたGM(=General Manager)のBrad Pittが、如何に少ない資金で選手を集めて効率良く勝てるチームに育て上げるかというのが物語の大筋。

映画では、旧くからいるscoutmenが、選手の素質やバッティング・フォーム、人気選手を集めがちな彼らの主観を元にしたチーム編成方法と、GMを任せられた若きBrad Pittが統計学(statistics)を駆使するもう1人の若者のサポートを得ながら「勝てるチーム」を作っていく手法とで対立が起きる。

Paperbackでも同様の「対立」が描写されるが、やはり自分が今まで野球業界で培ってきた経験(experience)を重視する重鎮たちに対して、過去の出塁率、打率などのデータ分析を元にした方法でチームを作っていく話に展開していく。そんな中、一筋の光が見えてくるのは、
But the hitter is the center of attention. We notice what he does, bend over the scorecard with his name in mind. If he hits a smash down the third base line and the third baseman makes a diving stop and throws the runner out, then we notice and applaud the their baseman. But until the smash it hit, who is watching the third baseman? If he anticipates, if he adjusts for the hitter and moves over just two steps, then the same smash is a routine backhand stop - and nobody applauds. . . .  (quotation from p68 of "MONEYBALL")
にもある通り、人間誰しも思い入れや思い込みがある以上、常に平等に選手たちのパフォーマンスをチェック出来ないが、データは経験で見落としがちな点もしっかり拾うことができる。

平たく言えば、分析をする上で"MECEをしっかりしてね"ていう話なんだけども(汗)、こういった話は兎角企業経営の文脈でよく用いられていた話だったので、ちょっと新しいなと思った。私自身が野球の素人って話も多分にあるのだろうけど、投手が打者にボールを投げている時に三塁手が何をしてるか、なんて全く考えないが、データをつぶさにチェックしていれば気づきは起こりうる。逆に、そういう視点で野球を考えることも出来なかったチームは風通しが余程悪かったのかな、なんて思ったりして。

勿論、これまでの統計データによる分析結果で未来を予測し切れるのなら誰も困らないが、世界経済が停滞しちゃってる昨今を振り返るまでもなく世の中そんなに簡単には出来ていないようですので、あまり絶対視するのもどうかな、と思いますが。。w


Paperbackでは、登場人物の人となりなんかが映画に比べればずっと深いところまで記述があるので、映画の内容と関係なしに楽しめる内容カモ♪(英語ですが、、)

2012年8月18日

How Starbucks Saved My Life

先日読み終えた。

60歳を過ぎて広告代理店のお偉いさんを解雇されて、そこからの職探しってことでStarbucksに再雇用されるおじちゃんのお話。



本屋で手にとってみてみて、そんなに難しい語彙が無さそうだな、と直感的に思ったのと、"NewYork Times Best Sellers"とも書いてあるので大衆向けかな、と思ったのだけれど、良くも悪くもその通りの内容。

中盤で、娘にStarbucksで働く父親についての押し問答から、著者の自問自答的な場面では、
娘にこんなこと言われたぉ(ToT)
てな感じで、安っぽい三文芝居を観ている気すらして、
あぁ、この内容、日本語じゃ絶対に読まないだろうな、、、
なんて思ったりしましたが、逆に難解な表現はさほどないと思うので、前提知識なしで英語の速読or多読をしたい方にはオススメかもしれませんね。

2012年8月5日

Lang-8 Meetupに参加してきました。

昨夜は、外国語の相互添削を行うSNSのLang-8のMeetupに参加してきました。

場所はfactoryというお店。wifiや電源が使える場所で、IT系の集まりがよく行われるでもある、とのこと。

参加者は9名で、自己紹介から始まり、CEOのやんやんさんがLang-8創業時のお話から現在、そして今後どのようなサービスを展開していく予定か、などについてお話していました。文字で伝えるのは難しいのですが、どことなく和気藹々という雰囲気で、参加していた皆さんがどれだけLang-8を重宝しているか、っていうのがヒシヒシと伝わってきました。こういうオフの繋がりがあると、日記も継続出来るんだろうなー、なんて(笑)

会の最中に早速Meetupについて書いてみました。やっぱりこういう「ネタ」があると書こうっていう気になるもんですね。

オフだからって言うんで、いろんなお話を聞けたのは面白かったのですが、どこまでオンラインに残していいか分からないので、差し障りが無いだろうけど興味深い話があったのでメモ:

  • 「ありがとうございました」と「ありがとうございます」の違いは何か?
    • 「ありがとうございます」はThank you.と言うが、「ありがとうございました」のように過去形的な表現は何なんだ、と。。(大汗)少なくとも、Thanked you.という表現はない。。。確かにw
  • 会話能力は、筋肉トレーニングのように使い続けないと日に日に落ちていってしまう傾向がある、と。

また機会があれば、こういう集まりに参加してみたいと思います♪

2012年7月31日

MacBook Airとテレビをつないでみました。

以前からやってみたいなー、と思っていました。
家のMacBook Airとテレビを繋いでみました。
環境:
  • PC
    • MacBook Air Late 2010
    • OS=Mac OSX 10.8(Mountain Lion)
  • テレビ
    • HDMI接続アリ(恐らく、それ以上の情報は要らない、、、?!)
(1) テレビ側に接続するもの
 -> HDMI接続を使いました。購入したのはこれ:



ケーブルの長さは、とりあえずってことで2mに。

(2) Mac側につないだのがこれ:


合わせて1000円かからずに、PCとテレビを繋ぐことが出来ました。
例えば、作った動画をテレビ画面で移したり、、、なんてのも簡単に難なく出来ました。ただ、(設定がおかしい?のかもしれませんが)音声はPCから流れてくるっていう不思議な感じでしたが、まぁそれは良いとしてw

以上、簡単な備忘録でした。

2012年7月21日

文系脳と理系脳

料理blogになりつつある、当blogですが、たまには身の上話も(誰が読むんだってところはあると思うんですがw)

幸か不幸か小中高で、小説や随筆とか文庫本で得られているような本はあまり読んできませんでした。ということもあり、国語の試験でいう
このときの登場人物の気持ちは?
ていう問題には、
はァ〜?
ていう感じで、最も誤答率が高かった記憶があります。一方で、中学の頃に、叔父さん(=母上の弟)が月刊雑誌Newtonを購入していたこともあり、そこに行ってみては
これは何だかスゴイぉ!
と、「憧れ」を持ったのも未だにしっかり記憶しています。中でも、主に「黒い背景に白や黄色などの点々が散りばめられている」宇宙論の話に興味を持ちました。「何だか分からないけど、スゴイって感じる」って、子供の頃にあるじゃないですか。あれです、あれ(謎)今朝、tweetで、、


というのを見つけたんですが、その「妄想」にあたるのが、宇宙の話だったっていう子だったんですね。

で、最近、自分の勉強も兼ねて外国語の本なんかも読んだりするんですが、やっぱり「登場人物」が多い作品ってのは頭に入りにくいんです。登場人物が5人を超えるあたりで
お前誰だよ
みたいになって先に進めない。。w その一方、脳の話とか素粒子だ、地質学だ、、と人間「以外」が対象になってる記事だとスイスイ読めてしまう。もうタイムマシンも無いし、そういう人って前提で今後生きていくわけですが、人物中心の事柄が頭に残る「文系脳」が拙い一方、人間以外の事柄が鮮明に記憶に残る「理系脳」が(相対的には)発達しております。(人をみる場合でも、「この人ってこういう役割じゃん」て理解があると、「理系脳」が起動されて忘れないんですが、そこまで細かい描写したらストーリーが面白くない、、とかそういう話になるみたいですね、経験上、、)

2012年7月19日

イカの塩辛パスタ

昨夜はこんなん作ってみますた。元のレシピはこちらから

材料(2人前)
  • イカの塩辛:大さじ2~3
  • アスパラ:2~3本
  • 青ネギ(小口切り):適宜
  • スパゲッティーニ:150g
  • オリーブ油:大さじ1
  • 生クリーム:1/2カップ
  • 牛乳:1/4カップ
  • バター:小さじ1
  • 塩、こしょう:各適宜

レシピ
  1. アスパラは根元1㎝切り落として下1/3の皮をピーラーでむく。長さを3等分に切ってから縦4等分に切る。
  2. 鍋に湯を沸かして塩を加え、スパゲッティーニを表示時間より1分短めに茹でる。
  3. フライパンを熱してオリーブ油をひき、アスパラを入れて塩少々を振って強火で炒める。少し焼き目がついたら塩辛を加えてザッと炒める。生クリーム、牛乳、バターを加えてたまに混ぜながら強火で1~2分煮詰める。味をみて塩でととのえる。
  4. 茹であがった2を加える。器に盛って青ねぎ、こしょうを振る。
・イカの塩辛を炒めることで、コクと香ばしさがアップする
・牛乳は、生クリームのクリーミーさを失わずにのばすことができる
とありましたが、これは本当でした。塩辛でコクが出るとは、、という感じです♪



2012年7月15日

サバとアサリのトマト煮

サバを昨日食べようと思って、残ってしもうたので、
「使えるレシピ無いか?」
と思って作りますた。元のレシピはこちら

材料(2人分)
  • サバ 2切れ
  • アサリ(砂抜き済) : 120g
  • にんにく 3片
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 【a】ホールトマト 1缶
  • 【a】水 1/4カップ
  • 【a】オレガノ 小さじ1
  • 塩・胡椒 テキトー
オレガノは家になかったため、コレを買いますた:



レシピ
  1. サバは皮目に切り込みを縦に入れる。アサリは殻をこすり合わせながら洗って水気を切る。ニンニクはテキトーに細かく切りましたw
  2.  フライパンを熱してオリーブオイルをひき、サバを身をしたにして並べて強目で焼く。焼き目がついたら返し、開いているところにニンニクを加えて炒める。(この時点で結構いい匂いがしてました♪)
  3. ニンニクに焼き目がついたら、アサリを加えてザッと【a】を加える。中火で3-4分煮詰める。味をみながら塩で整える。
  4. 皿に盛りつけたら、オリーブオイルをまわしかけ、胡椒を振る。
同じページのパスタも作りましたが、こちらはちょっと失敗しました(涙)
(写真に載せてますけれどもw)

MacBook Airへのデータ移行メモ

昨日、我が家にもう1台MacBook Airが仲間入りしました。ヨメが利用するもので、やっぱりデータ移行などはボクの役目ってことで。。

さて、データ移行をapple storeの方に聞いてみて、実際に行ったことの要点をメモです。データ移行対象は「音楽データ」と「写真」データ。それぞれ10GB、15GBほど。

◆音楽データの移行
OSが移行元/移行先がMac OS X Lionということで、Air Dropという機能を利用。同じ無線LAN配下の筺体間でデータファイルを交換できます。10GBもあるので、今考えれば無謀だな、、と思ったのですが、、、

<移行元ディレクトリ>
/Users/xxxx/Music (但し、xxxxはユーザ名)
<移行先ディレクトリ>
AirDrop
と設定して、(お互いのPCで認証後)データ移行が始まります。

、、、で、自分の家の無線LAN環境だと、3時間ほどかかりました(大汗)

データ移行をした後、AirDropに置いてあるデータを移行先PC(今回で言うMacBook Air)の
/Users/xxxx/Music (但し、xxxxはユーザ名)
に上書き保存します。

その後、iTunesアプリを立ち上げると、あら不思議、今までと変わらない環境が♪

◆写真データの移行
↑に書いた音楽データ移行で無線LANの移行は懲りたので(w)、音楽データより容量が多い写真データは外付けハードディスクを使いました。と言っても、今は使わなくなったiPodを初期化(=工場出荷状態に戻すってやつです。)して「仲介役」になってもらうことに。

因みに、↓の方法は、iPhotoで写真を管理している場合です。

<移行元"ファイル">
/Users/xxxx/Pictures (但し、xxxxはユーザ名)
配下の"iPhoto Library"というファイル。

これを「外付けハードディスク」を使って、移行先PCの
/Users/xxxx/Pictures (但し、xxxxはユーザ名)
配下にコピーですね。


2012年7月8日

肉々しいハンバーグ

なんとなく、肉々しいモノが食べたくなったので、作ってみました。
元にしたレシピは例によってこれ

材料

  • 合いびき肉 600g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 【a】パン粉 1.5カップ
  • 【a】卵1個
  • 【a】牛乳1/2カップ
  • ナツメグ 小さじ1
  • 塩 テキトー
  • 胡椒 テキトー
  • サラダ油 テキトー
ナツメグは家になかったので、これを買ってきましたw



レシピ(こねこねして焼くだけですw)
  1. 玉ねぎをみじん切りにして、玉ねぎがしんなりするまで炒め、皿に広げて冷ます。
  2. 【a】の材料を混ぜておく。
  3. ボウルに合挽肉、塩、ナツメグ、故障を合わせ、手で掴むように混ぜる。さらに【a】、1.の玉ねぎを混ぜる。
  4. 3.を食べたい分量(リンク元では4つでしたが、拘る必要はないかなー、と思っています)に分けて手でキャッチボールをしながら空気を抜いて、ハンバーグ型にまとめる。
  5. フライパンを熱してサラダ油を引いて4.を並べて強火で焼く。焼いたら色がついたら返して両面を焼き、水をハンバーグの高さ半分まで注ぎ、蓋をして蒸し焼きにする。
リンク元では付け合せもありましたが、今回の目的は「肉々しいモノ」を食べることだったので、調理は以上w

えーまぁ、個人で作ったので形は微妙ですけれどもね、そこはまー、という感じでww
個人で作る際のポイントは、「手形をどう消すか」ですね。

実際は、ポン酢をかけて頂きました♪




2012年7月7日

レッドカレーを作ったぉ

ほぼ2ヶ月前に、タンゴのせんせいから頂いたペーストを元に家でカレーを作ってみたぉ。

材料(4人前)
  • 赤いパプリカ 1/2(だけど、余っても捨てる羽目になりそうなので、丸々1つ使ったw)
  • パイナップル 150g (ナマモノだと包丁でぶった斬るのが面倒なので、缶詰にしますた)
  • サラダ油 テキトー
  • 水 180ml
  • フレッシュバジル 5g(乾燥させたやつだと香りが少ないんすわ)
  • エビ 8匹ほど
  • イカ 150g
  • あさり 200g
  • レッドカレーペースト 70g(実際のところ、コヤツに下味がついとるw)
  • ココナッツクリーム 400ml
  • ナンプラー 大さじ1/2
パイナップルの缶詰はこんな感じ。


作り方
  1. エビは(殻がついてれば)殻をむく。イカと、種を覗いた赤パプリカ、パイナップルを一口大に切る。
  2. サラダ油を熱した鍋にレッドカレーペーストを入れて、香りが立つまで炒める。(意外に油を吸ってしまいましたわ。)
  3. ココナッツクリーム&水を入れる。煮立ってきたら、エビ、イカ、アサリ、赤パプリカ、ナンプラー、フレッシュバジルを入れる。
  4. アサリの殻が開いたらパイナップルを加え、一煮立ちして器に盛り付ける。

ヒッグス粒子って何だ?(私見)

--- disclaimer ---
当記事を書いている時点で嘘を書いているつもりもないですが、この考え方で全てが説明できるわけでもありませんので、予めご承知おきを。。。
--- disclaimer ---


大学時代からの友達に、先日のヒッグス粒子の発見の話を質問してみた。
「結局、あれは何なんだ?」とw

自分が理解した感じだと、
素粒子(=原子より小さい物質のモトとなるもの)には質量があるものが多い。 ヒッグス粒子が、宇宙が誕生してすぐに存在し、 それらの【多数の素粒子と相互作用】することにより、なかなか速く動くことができなくなった
ということ。「多くの素粒子」と言ったのは、例外が存在するからで、代表格が「光」だ。その理解が合ってるのか?と。

物理的なイメージで言えば、

  • 「光」は、ヒッグス粒子との【相互作用】が無いため、1秒間に地球を数周も出来るほどのスピードが出せる。
  • その他の多くの素粒子は【相互作用】があるため、そんなに速く進めない。

いくら100m走るの選手だって、1秒で1kmも走れないでしょ

結果的に、その理解は合っていたようだ。
例えて言えば、怖いお兄さんに「肩がぶつかったじゃねーか」と言われて、示談金を支払っている構図。お金の話は兎も角(w)、お兄さんとパチパチやってるの時点で「スピード」は落ちる。スピードが落ちた結果、物質が身に纏ったものが「質量」だ。

宇宙のそこかしこに「ヒッグス粒子」が存在し、多くの素粒子に喧嘩を吹っかける。喧嘩を吹っかけられた結果、動きがのろくなる。
一方の光は、所謂「顔パス」というやつで、ヒッグス粒子は全く相手をしない。そのお陰で、(物質から構成された僕らの眼から見ると)凄まじく速いスピードで(しかも時空を一定のスピードで)走り抜けることが出来る。

以上の説明が???という場合なら、「ヒッグス粒子が確かめられた」のを一言で言えば「怖いお兄さんが宇宙のそこかしこにいることが確かめられた」と覚えておこう(暴論w)



気になる方は、この本を読まれるといいかも知れませんね。


2012年7月3日

スタミナ丼

1つ前の投稿で書いた通り、今日は戦意喪失したので家でスタミナ丼を作ってみますたw 元となるレシピはこちらから。

材料[2人分]
  • 牛肉切り落とし肉 200g
  • ニラ 1/2束
  • 玉ねぎ 1/2個
  • ニンニク 2, 3片
  • 薄力粉 大さじ2
  • 【a】おろしたにんにく 1/2片分
  • 【a】おろし生姜 テキトー
  • 【a】水 大さじ3
  • 【a】醤油 大さじ1.5
  • 【a】炒り胡麻 テキトー
  • 【a】酢 小さじ1
  • サラダ油 大さじ3〜4
  • 卵黄2個
  • ご飯 2人分
関係ないですが、今日は酢が行方不明で超探しましたw



レシピ
  1. ニラを5cmほどに切る。ニンニク1/2片分をすりおろし、残りは薄切りにする。
  2. 玉ねぎは縦薄切りで、薄力粉をまぶしておく。どうやら、この状態にしてから焼くとカリッとなるっぽい。
  3. 【a】を混ぜる。
  4. フライパンを熱して、サラダ油を引いてニンニクを挙げ焼き。きつね色になったら油を切って取り出しておく。
  5. フライパンにサラダ油を引いて今度は2.の玉ねぎを炒める。軽く色がつくくらいで引き揚げる。
  6. さらにフライパンにサラダ油を引き、ようやく肉を炒める。色が変わったらニラをあわせて【a】を混ぜる。
  7. 大きめの器にご飯を盛り、6.を載せ、卵黄をのせて4.のニンニク、5.の玉ねぎを載せて完成♪
で、実際このレシピで作ってみたんですが、ちょっと塩分が足りないかもー、という感じでした(汗)

雨が降ったら、、、

今日は、それなりに早く帰宅できそうだったので、帰りにgymでランニングでもしてから帰ろうかと思っていたところ、雨が降っていた、しかも、横殴りの風つきで。

最寄り駅に辿り着くまでびしょ濡れになってしまい、戦意喪失してしまったため、そそくさと帰宅して昨日に引き続きの晩御飯作りでございます。

さて、理工系(というか正確には数学科)出身の自分は学生の頃、他学科の方々ともたまーに数学なんぞ話しておりまして、「雨」がテーマで未だに解けない謎があります。

それは、
雨が一定に降っていたと仮定して、ゆっくり歩くのと走るのとでどちらが濡れる量が少ないか、そしてその差異はスピードにどの程度依存するか
という話。

答えをもっているわけではないので、あくまで推測ですが「単位時間に濡れてしまう量」を変数にして微分方程式を立ててやるんだろうけどね。
走ることによって降ってくる雨が斜めになることも考慮に入れてやるんだろうけれど、何だかいちいち考えるのが面倒くさくて未だに、、、

初期の仏教経典である阿含経に収められた釈迦の説法のひとつとされるものに「毒矢の例え」がある。ある人が釈迦に、「この世は永久のものでしょうか、無常のものでしょうか。世界には限りがあるのでしょうか、無限のものでしょうか…」等々、次々に質問を浴びせた。釈迦はその質問に直接は答えず、「毒矢に当たった者が、矢を抜く前に『矢を放った者は誰か、矢の材質は、私を診察する医師の名は、その階級は…』と聞いていたらどうなるだろうか。」と言い、真理を知ることよりも先にやるべきことがあると諭した。
この理屈を盾に、「もっと大事なことがある」と思っているんですが、どなたか答えご存知ないですか?(←やっぱりヤル気なしw)
素朴な疑問って意外に難しいことがあるよね、という例の1つと理解することにしています。

話題がそれにそれましたが、まぁ、そういうことで。

2012年7月2日

韓国風カルボナーラ

久々、新しいメニューを作ってみた。
なぜこのメニューかと言えば、男子ごはんのレシピサイトの「パスタ」の欄の一番上にあったから、、、(大汗)

さて、レシピでござる。我が家の冷蔵庫の事情で多少材料は変えておりますw

材料[2人分]
  • スパゲティ 160g
  • にんにく 1/2片をみじん切り
  • 豚バラ 100g
  • ごま油 テキトー(豚肉を炒める分)
  • 万能ネギ 2本
  • コチュジャン 大さじ3
  • ゴマ 大さじ2
  • 塩 テキトー
  • 黒胡椒 テキトー
  • 【A】 生クリーム 100ml
  • 【A】卵2つ
  • 【A】パルメザンチーズ 大さじ2
  • 【A】白ゴマ 大さじ2
  • 【A】黒胡椒 テキトー
パルメザンチーズは、丁度切れてたので、コレを買いますたw



レシピ
  1. 水1.5㍑ほどに塩を入れて沸騰させ、パスタを入れる。
  2. 豚肉は、(今日は)細切れのものを買ってきたため、塩コショウを振る。また、【A】をまぜまぜする。(ホント、混ぜるだけ)
  3. フライパンでごま油を熱して、豚肉を入れる。
  4. 3.にみじん切りにしたにんにく、コチュジャンを炒め、スパゲティの茹で汁を加える。(これが具になる)
  5. 茹でたパスタのお湯を切り、4.に入れて、【A】を絡める。ここでガスの火を消すのがポイント(今日は火を消すのが遅くて、一部卵焼きっぽくなったw)。
  6. 最後に青ネギとゴマをかけて完成♪
意外にコチュジャンと卵とパスタが絶妙に絡まっておいしかったっすわ。
このくらいの量なら「ピリ辛」くらいで、辛いのがちょっと苦手な方も大丈夫〜。
"5."の時に火を早めに消しておけば、食感ももう少しうまくいったんだけどな。。(涙)



2012年も、あと半分ですね。

今日は7/2なのでちぃっと遅いですが(笑)、2012年も早くも半年が過ぎてしまいました。

仕事だ、勉強だ、なんだとせわしなく日々が過ぎていく感じすらありますが、1日1日を大事に(=出来るだけ納得出来る形で)過ごしていきたいものですね。

まずは、今週の仕事をクリアしていきましょうか。

2012年6月21日

リコーダーの運指

前のblogでは書いていたんですが、最近リコーダー

を購入して練習をボチボチしています。

あちこちに楽譜が無料で落ちているので、それをiPadに入れて譜読みを空き時間にしてるんですが、どうもソプラノ/アルトで指使いがこんがらがってしまっているのが難点(涙)

一応、下記のサイトをpdfに変換してやっぱりiPadで持ち歩いている

http://www.f3.dion.ne.jp/~sato1211/aurora/about5.htm

んですが、最近はなんでも(と言ったら言い過ぎですが)webで情報が取れるのでいい時代ですねー。


家には電子ピアノなんかもあるので、伴奏は自分で弾いて練習してみたり、と。

ちょっとweb surfingしたところ、ピアノの平均律クラヴィーア曲集をリコーダー用に編曲したものもあるようで、小さい頃にピアノで育った自分としてはこういう曲の方が親近感を覚えたりww

2012年6月20日

凄まじい台風でした。。

昨夜、語学の師匠の元で飲み会があったため参加しようと思っていました。

台風が来るということで警戒はしていましたが、予想以上の暴風雨で、集合場所のお店の近くまで行きましたが、折りたたみ傘も折れてしまい断念。。
心も折れてしまいました。。

翌朝、顔帳で店長さんから
「来ないのが正解だったかも」
とのお返事。やっぱりか。。。(笑)

また日を改めて伺おうと思います:)

写真は、折りたたみ傘も心も折れた後に撮影しました。

結局、昨日はスーパーでマグロの中トロを半額で買って帰宅後に食べました。

どうも雨の日は刺身が安くなるんだとかw


2012年6月17日

空芯菜炒め

夏は、空芯菜が旬のようなので、初めて作ってみました。
素材さえ見つかれば簡単ですよー。

材料
  • 空芯菜 -> 2把
  • 鶏がらスープの素 -> 大さじ1
  • 赤唐辛子
  • にんにく -> 2カケ
  • サラダ油
そういや、赤唐辛子が切れたから、買いに行かねば。。


作り方
  1. にんにくを細かめに、空芯菜は数cm程度に切る。
  2. サラダ油をフライパンに引いて、にんにく、赤唐辛子を入れる。
  3. 空芯菜を茎→葉の順序で炒める。
  4. ある程度しんなりしてきたら、鶏がらスープの素を入れる。
以上w

今回はちょっと炒め過ぎてしまったようで。。。

2012年6月16日

iPhone + iPad(wifi)の新しい使い方

家に眠っていた「新しくないiPad」、つまりiPad2ですが、仕事で使えないかな、と思っていろいろ調べてみました。

何がしたいか、と言えば、「外出先で議事録を作れないかな」と思っていたのですが、
下記のサイト、、、http://d.hatena.ne.jp/pineapple2/20100819/1282225146
で見つけたiFilesというiPhone/iPad用のアプリケーション

具体的には、wireless keyboardで、bluetoothで繋いでiPadにメモをとります。
それで取ったメモを元にiFilesでiPhoneに同期。
それから3G回線でネット環境に繋げるので、必要とあればVPNなんかも使いつつ、メールが送信できますね。

wifiしか持っていないiPadでも、「ちょっとしたデザリング」、つまりbluetoothを使った【デザリング】を駆使すれば会議の度に効率化できるカモですね〜。

あ、勿論、この投稿もbluetooth+wireless keyboard+iPadで編集しましたー。

にんじんしりしり

沖縄料理だかで、夏バテ防止ってことで「にんじんしりしり」てのがあるそうだが、ヨメには不評だった件。

因みに、作り方は、

・にんじん →千切り
そいで、サラダ油で炒める。

・醤油
・塩
を加える。

にんじんがそれなりに炒められたら
・溶き卵
をかけて終了w

確かに「深い味」にはならんかった、、orz

2012年6月15日

雑誌スタンドとしてのiPad

久々、家のiPadを持ち歩いているのだけど、雑誌を読むにはiPhoneより断然いいですな~。
(持っているのは、iPad2の16GBのwifi版)

で、今回、試しに月額400円弱の公衆無線LANサービスを試してるのだが、やっぱりアクセスポイント(通称AP)が少ないせいか移動しながらのデータのダウンロードは厳しいっすわ。途中で接続が切れるとやり直しだし。。

そういう意味で、「雑誌スタンド(≒電子書籍リーダー)」と割り切るなら、このまま使い続けるのもありかも。
流石に何冊も雑誌を持ち歩くのも重いし。。

ついでながら、よく読む雑誌は、
・Economist(えいご)
・NYtimes(えいご)
・LeMonde(フラ語)
・料理通信
あたりでしょうか~。

やっぱり、息抜きがSNSだけだと息が詰まりますもんね~。
(え?毒吐いた?w)

2012年6月13日

野菜の低カロリーカポナータ、タイム風味

こんな感じで作ってみました。

しかーし、茄子を買い忘れたのと(w)、
分量はテキトーです。

「蒸す」のがポイントかも。
タイムがいい感じで効いてます。

そういや、先日仕入れた話では、油って特に夏場なんかだと中身が酸化しちゃうので、
出来れば冷蔵庫に入れといた方がいいみたいですね。
ということで、ウチは、
コレ↓を冷蔵庫に入れるようにしました。。
---レシピ---
ナス 1個 パプリカ(赤) 1/2個 パプリカ(黄) 1/2個 ズッキーニ 1個
セロリの茎 1本 白玉ねぎ 1/2個 にんじん 1本 EVオリーブオイル 大さじ2
タイム 塩・こしょう

1. 玉ねぎの皮をむき、薄くスライスする。
2. パプリカの種とワタを取り除き、さいの目に切る。
3. パプリカと玉ねぎを合わせて炒める。
4. セロリとニンジンも小さなさいの目に切り、オイル、3.の野菜と一緒にキャセロールに加える。
5. その間に、ナスを縦4つに切り、種の多い部分を除いておく。果肉はさいの目に切り、4.に加える。
6. 軽く塩・こしょうをして、蓋をして5分煮込む。
7. ズッキーニを小角切りにし、火を止める直前に加える。タイムの葉で香りづけをし、小鉢に持ってサービスする。

レシピの参照元は、以前も紹介したこちらのメルマガ

2012年6月11日

アンチョビー

今日も早めに帰ってきたので、作ってみました。
レシピは、料理通信より。


材料
  • アンチョビ -> 1尾
  • 白ワインビネガー -> 5ml
  • E.V.オリーブ油 -> 15ml
  • 黒胡椒 -> 適量(≒テキトー)
  • そらまめ -> 10粒ほど

作り方
ざくっと言うと、ドレッシングを作り、茹でたそらまめにかける感じ。
  1. 細かく刻んだアンチョビ、白ワインビネガー、オリーブ油、黒胡椒を混ぜる。
  2. そらまめをさやから出し、皮付きの茹で、皮を剥く。さやも軽く茹でる
  3. そらまめを1.のソースで和えて、更に並べてさやの上に置きソースをかける。
写真はイマイチですが(涙)、意外にうまくいきましたわ。

2012年6月10日

風変わりな冷や奴 - その2

今日の夕方に、冷奴レシピのメモをupしましたが、番組の中ではもう1種類やっていたので、またまたメモー。
これも超カンタンですよー。
材料

  • 豆腐(絹)
  • トマトケチャップ
  • オリーブオイル(できれば、Extra Virgin)
  • 大葉
以上w



ほいで、作り方
  1. 大葉を1cm幅に切る(テキトーで良しw)
  2. 豆腐を皿の上に置く
  3. オリーブオイルをかける
  4. トマトケチャップをかける
  5. 大葉をかける
以上ww

これも、意外にうまいよー。

追記)
そうそう。分量はテキトーでよしw

トムヤンクン

誕生日プレゼントで頂いたトムヤンクンのペーストを元に作ってみました。


以下、備忘のためにレシピメモ。

材料

  • 鶏がらスープの元 -> 2つ分
  • レモングラス -> 2つ
  • 頭なし海老 -> 12尾
  • 魚醤(ナンプラー) -> 小さじ3
  • マッシュルーム -> 16個
  • トムヤン・ペースト -> 37.5g
  • ライム -> 2個
  • コリアンダーの葉 -> 10g
  • 赤唐辛子 -> 4つ
レシピ
  1. 水500mlを沸騰させ、鶏がらスープの素を鍋に入れる。
  2. レモングラス、半分に切った赤唐辛子、テキトーに切ったマッシュルームを鍋に入れて、再度沸騰させる。
  3. 海老、ナンプラー、トムヤムチリペーストを入れて、火が通るまで煮込む。
  4. 鍋の火を消して、仕上げにライムを絞り、コリアンダーの葉をまぶして終わり。
今回初めて作ったんですが、意外にうまくできました♪

お昼寝をしよう♪ -シエスタ-


「シエスタ」という名の午睡(昼寝)が社会的に公認されている地域があります。シエスタとはスペイン語です。ラテン語圏を中心に,昼寝を含む長時間の昼休憩(13時~16時が目安)が取られています。
ようです。短時間なら取った方がいいようですね。
確かに、昼食後は眠い時が多いなー。
以下、気になったので調べてみました。

◆元々は…
A siesta is a short nap taken in the early afternoon, often after the midday meal. Such a period of sleep is a common tradition in some countries, particularly those where the weather is warm. The word siesta is Spanish, from the Latin hora sexta - "the sixth hour" (counting from dawn, therefore noon, hence "midday rest").
quoted from en.wikipedia

試訳:「シエスタ」は午後の早い時間での短い睡眠(午睡)で、昼食後に取られる。
 その時間帯での睡眠は幾つかの国-特に気候が暖かい国-で取られている。
 「シエスタ」というタンゴはスペイン語で、ラテン語のHORA SEXTAに由来する。
 これは「6番目の時刻」だが、夜明けからカウントするため、「正午の休憩」という意味になる。

◆6/昼寝/昼寝をする復習がてら、幾つかの言語で「6」と「昼寝」を調べてみました。 
 6 昼寝昼寝をする 
 本家スペイン語 seis la siestadormir la siesta
 お隣イタリア語 sei la siestafare la siesta
 親戚フランス語 six la siestefaire la siesta
そしてドイツ語 Sechs die SiestaSiesta halten
人気者♪英語 six siesta, naptake a nap

こう見てみると、英語だけ仲間はずれですね。。
ps) 過去に別blogで書いた記事のコピペでしたw



風変わりな冷や奴 - その1

テレビにグッチ裕三さんが出ていた。
料理王の称号(?!)も持っている、、とのことで、ついついレシピが出てくるところまで観てしまった。
出来上がりはこちら:
お待ちかねのレシピ♪
と言っても、1分ほどで出来ると思いますw

材料:

  • 豆腐(絹)1丁
  • ニラ
  • ごま油
以上w

作り方:
  1. ニラを1cm程度に切る
  2. 1.のニラを塩もみする
  3. 豆腐を皿に盛り、2.のニラを載せる
  4. 3.の豆腐に上からごま油をかける
以上ww

簡単でしょ?だけど、意外にごま油でコクが出ておいしんすわ。
ニラ/ごま油/塩の分量は適当ですw 「お好みで」ともいう。。。

夏にはいいカモなメニューです♪

2012年6月9日

夏の冷製ファルファッレ

、、、を作るつもりが、「ファルファッレ」がパスタの種類とはつゆ知らず、
フツーのながーいやつで作ってしまいました。
本来は、こんな感じ、、のリボン的なパスタなんですね、、、orz

こういうやつね〜↓




何気に「冷製パスタ」は初めてだったりします。。


さて、レシピ


パスタ:
ファルファッレ 350g

ソース:
ツナ 200g  トマト 4個  パプリカ(黄) 1個  トロペア産玉ねぎ※ 1/2個  

1. トマトを湯剥きし、ミキサーにかける。
2. 1.をボウルに入れ、オリーブオイル、塩、こしょう、バジル、みじん切りにした
玉ねぎで味付けをする。
3. 冷蔵庫で休ませる。
4. パプリカをさいの目に切る。卵を固ゆでにし、くし切りにする。ツナの油をきり、
細かく刻む。
5. パスタを茹でて水気をきり、流水にさらして冷ます。2.のボウルに入れてパプリカ、
卵、ツナを加え、優しく混ぜて皿に盛る。


このメールマガジンで掲載されているものを参考にしましたー。 塩や胡椒などはお好みでってことで♪

2012年6月4日

「料理通信」、楽しいw

twitterでチラリと見かけた「料理通信」という月刊誌、
紙媒体だと980円、iPad版だと700円というお手頃感も手伝って、
ついついiPad版を即買してしまった。。。(大汗)

しかし、、なんか楽しいw

雑誌系のものって、妙にかさばったりするし、
一度みたらもう見ない系のものが多いので、電子書籍は助かりますね。
殊、料理本のような「画像」で魅せるタイプの雑誌については、、、

Magastoreからは、こちらから:
https://www.magastore.jp/product/6869

紙媒体はこちらから↓

鶏肉とナスのグリーンカレー

昨夜は、誕生日プレゼントとして頂いたグリーンカレーのペーストを使って、カレーを作ってみました。

↓は、ペーストに書いてあったレシピがベース。

<材料(4人前)>

  • 鶏肉 250g
  • ナス 2本
  • プチトマト 8個
  • サラダ油 大さじ1
  • 水 180cc
  • 砂糖 大さじ1
  • バジル 5g
  • グリーンペースト 70g(丁度1袋分でした)
  • ココナッツクリーム 400g
  • 魚醤(ナンプラー) 大さじ1

意外に手に入れるのが難しいなと思ったのが、下から2つ目の「ココナッツクリーム」。近くの海外の食品などを取り扱っているKaldi coffeeに行ったところ、丁度400gの缶を見つけたので、それを購入。

作る前の材料のイメージはこちらから。(水や油などは写してません、流石に。。)



<レシピ>

  1. 鶏肉を1口大に切る。(個人的には皮はあまり好きじゃないので、取り除く) ナスは皮を剥いて輪切りにして、水にさらしておく。プチトマトはヘタを取る、バジルは葉だけ摘む(茎はちょっと固いですからね、、)
  2. サラダ油で熱した鍋に、カレーペーストを入れて軽く炒める(ココはよく分からなかったので、テキトーww)
  3. 2.の香りが立ってきたら、ココナッツクリーム&水を入れる。煮立ったら中火。ここで鶏肉、魚醤、砂糖を加える。
  4. 具に火が通ったら、プチトマト、バジルを加えて軽く混ぜて完了。
実際やってみるとわかりますが、普段料理をやってる方としては拍子抜けするほど楽チンですw プロが作るならこの「ペースト」が命なんでしょうけれど、そこまでは、、、(大汗)


2012年6月2日

emoticon

最近、ニュースモノは外国語から取得してることが多いのだけれど、
"emoticon"
ていう英単語が出てきて、辞書にも載ってないし、何だろ?と思ったら、 「顔文字」のことなのね。。

 G-検索したらすぐ出てきたw


 I usually pick up current topics by foreign languages, and found a word "emoticon" in English.

Indeed, my dictionary doesn't have such word. Searching with Google, it means "顔文字" in English like ":)" or ":(".
Does it mean a limitation of analogue dictionary?!

 Here is an advisory page about "emoticon," which includes both "Japanese" and "American" emoticons.

http://club.pep.ne.jp/~hiroette/en/facemarks/body.html

Actually, "m(_ _)m" comes from Japanese, and those above comes from American...
Do you use emoticons in your private e-mail with your friends?!

(英語で書いたら長くなったw)

2012年5月31日

「英語の冒険」~その5~ 活版印刷から統一言語への道

前回、最後に書いた通り、活版印刷技術により、公には認められていなかった英語訳による聖書も次第に広まってゆく。

ただ、問題になるのが「どう書くか」つまり「綴りをどうするか」という問題。
というのも、昨今のIT系企業の群雄割拠ぶりよろしく、当時の英語も地方により千差万別、つまり、みんな勝手に「自分なりの英語」を使っている。

本書によれば、現在"through"で通っている単語の綴りが500以上、"she"でも60以上あったそうな。(p150)

そこで、国で使う「共通の書き言葉」を決めるために大法官府にて、1つ1つの単語を決めていったそうな。

しかし、何せ、数十数百存在する綴りの中から1つを選ぶ際に意見が対立するのは容易に想像がつく。

まずは、「音に忠実に綴る派」と「昔からの伝統を守る派」の対立だ。
それで話が終われば可愛いものの、「ちょっと格好良いスペルにしようよ派」だ。やはり特権階級を陣取っていた名残は強いらしく、doubt(疑い)や、debt(借入)の"b"は「ラテン語風の雰囲気を与える」ためだけに加えられたそうな。(p154)

そんな知るかって!w

p155には印象的な一説が:

「余計な手出し派は彼らなりに英語の発達に理性をもちこもうとしたのだ。だが英語はけっして理性的な言語ではない」


その6につづく

Google翻訳

bugなのかわからないが、自分の記憶を確かめるため、ドイツ語の単語を英語に訳してみた。Google翻訳にかけてみたのだが、どうも正式なスペル的には間違っているようだ。

「水曜日」のドイツ語は正確には、Mittwochだが、Mitwochでも訳が出て来てしまう。。。

どんなアルゴリズムなんだ。。。

2012年5月30日

My colleague leaves...

Today, I participated in a party for my colleague, who will leave our company next month. Indeed, we worked together in some months and he helped me a lot. It was pretty sad for me to hear the announcement, and he cried in this party at last.

I hope he will work well in the next company and I thought I have to work hard more:)

2012年5月26日

「英語の冒険」〜その4〜 ウィクリフによる翻訳

当時、「ベストセラー」だった聖書はラテン語のみで書かれていた。
最初教会はウィクリフを避難しただけだったが、ウィクリフが聖書を英語に訳したことにより、
「俗界の男女の教育に使えるようになってしまった。こうして聖職者の宝石ともいうべきものが俗人たちの慰みのものになってしまい、真珠のごとき福音書が地面にまき散らされて豚に踏みつけられることになった」(同書p139より)
ということで、
母国語を通じて神を民衆のもとに連れ戻そうとした。(同書p139より)
しかし、結局、ウィクリフたちの努力空しく、
彼は教会の権力に立ち向かい、敗れた。聖書は禁書とされた。教会は、壮大な大聖堂から小さな教区の教会にいたるまで、依然としてラテン語が支配していた。(同書p140より)
ウィクリフの努力と時を同じくして文学者チョーサーは『カンタベリー物語』を英語で記し、一方で1381年に(ペストの大流行による社会不安による)農民一揆では英語で権力側への抗議を行うほどになっていた。

また、ウィクリフの努力により、禁書になった英語による聖書も巷では筆写されて人々のモノとされていき、次第にイギリスの地に英語が浸透していった。業を煮やした教会側は、
1412年、ウィクリフの死から28年経って、カンタベリーの大司教はウィクリフの全著作を焚書するように命じた。(同書p143)
非常に切羽詰まった感じを受けないだろうか。これ以外にもウィクリフが公会議の場で異端児とみなされるなどしたが、丁度この頃、活版印刷が発明され、英語が国家の言葉へと発展を遂げる際の礎となっていくこととなる。


(その5につづく)

2012年5月25日

「英語の冒険」~その3~ 神の言葉

何だか今の日本で「神の、、」と言うと「何だかな~」みたいな文脈になってしまうことが多いのだけれど、まぁ、歴史を語る/他国を語る上では避けて通るわけにはいかない話ですわな。

前回の続きから。
1350年、黒死病(ペスト)で当時400万人ほどいたイギリスの人口で3分の1ほどが亡くなってしまう。

当時の牧師によれば、ラテン語で
最初のペスト患者は1350年の前年に出た。…1350年は無慈悲な、荒涼たる、暴虐の年で、そのことを語るのはほんのひとにぎりの住人だけだ
とも残された。

亡くなった方のうちでは、当時支配階級だった聖職者も多く、この時期から農民による一揆、教育現場での「反乱」など、「ラテン語を喋れる者だからこその権威」に楯突く者たちの行動があちこちで起きるようになる。

1399年には、当時の王が退位講演に英語を使ったことが象徴的とされる。

そんな中、オックスフォードで学んでいたウィクリフは、哲学/神学の権威となるが、「自分の知識は人々に知らしめるべき」との信念から、当時ラテン語のみで書かれていた聖書の英語への翻訳を始める。


(その4につづく)



「これを見て」

恒例の「フランス人の喋る、こんな英語あるかよ」シリーズですが、"Look at this slide."のシーンで

"Regard this slide."

を言ってましたわ。多分、頭の中では

"Regardez ce coulisseau."

みたいな感じなんでしょうな。。

2012年5月24日

ニュートリノとか光速とか

Einsteinの特集相対性理論の話を中学数学だけで説明してるサイトがあってビビったw

確かにその範囲内で説明出来ることに驚愕w
(まぁ、ぶっちゃけたところ、文字式の四則演算と三平方の定理しか使ってないって意味ね)

とは言っても、
「時間が勝手に伸縮したり、物体が短く/長くなったり」
ていうところまでね。

電磁波を記述するMaxwell方程式云々の話までは無理なんだけど(だって、その方程式自体に、高校数学で習う「微分」が入ってるからねw)

ってことは、数ヶ月前に話題に上った「ニュートリノが光速を超えるか?」て話題が、相対性理論を覆すか、みたいな話は義務教育を終了してる人なら「数式を含めて」理解出来るはずってことになるんだよね。。。

少なくとも、そういうのを記事にするような生業の人は理解出来るってことだね、報道に携わる者の教養って意味でね。

、、、さて、、、(ry

「ほら」

というところで、フランス人が話す英語では、
Voilà.
が(人によっては)差し込まれますねw

それ、英語じゃないやん。

confirmも、「こんふぃるむ」になったり。

「始める」

昨日の仕事場での英語の電話会議で、相手がフランス語が母語だから(?!)か知らないけど、"start"が適切かな、ていう部分で"commence"って言ってたな。やっぱ、母国語の影響は強いってことかな。

「英語の冒険」~その2~ 黒死病

「英語の冒険」ですが、昨日、もう少し読み進めました。遅々としていますが、英語の歴史よりも英語自体の勉強の方が仕事に直結しますからねw

さて、舞台は14世紀のイギリス。
当時の支配階層は数百年間フランス語話者。本書にもあちこちに出てきますが、書籍/モニュメントが何語で話されたか、また当時の王が何語で宣誓するか、というのが歴史を語る上では重要らしい、てか、昨今のようなblog/twitterのようなものが無い時代だもの、そういうものを手掛かりにする他ない。。。

さて、そういった当時を偲ばせる記録に依れば、学校教育なども現地語の筈の英語ではなく、支配階層のフランス語であったそう。勿論、聖職者などではラテン語を話す方もいたらしいが。

英語がジリ貧だった当初、「奇跡」が起きる。それは黒死病、つまりペストだ。
それを契機に特に身分の高い方たちが倒れ、現地の農民、つまり、英語話者が少しずつ幅を効かせるようになる。


(その3に続く)

自然復旧

昨夜、家の光回線がVDSLの不調だかでインターネットがPCなどで使えませんでしたが、今朝になって復旧。

マンションタイプなので、マンション内でうまいこと回線を繋いだりしている部分の故障(障害?)なのか、はたまたその「先」の話なのか皆目見当がつきませんが、根本原因が不明な分、いつ再発するんだろう、と微妙に心配でもあります。

時期が時期だけに、どこぞの電力会社のように、一般家庭をないがしろにしてるんだろうかと勘繰ってみたりw

2012年5月23日

外国語の訓練

今日は夕方に英語での電話会議があったのけれど、電話会議をしている最中に自分に用がある同僚が日本語で名前を読んだ。

不思議なもんで、母国語というのは特に意識していなくても、つまり、電話会議で脳味噌が英語モードになってもすぐに切り替わって意味を把握するが、逆に言えばちょっとやそっとの訓練では「母国語によるintercept(仲介?)」に勝てないってことだね。

仕事では、隣の席の方が事情を説明してくれて仕事場的には事なきを得たが、電話会議では久々"Pardon."を使っちゃったぉ。

まだまだ訓練が足りないのかも。


blogでは、仕事の話を一切しないつもりだったのだが、、

データ構造が異なるDBの移行って骨が折れるってか、無理なんじゃね?て気がしてならない。。

「異なり」の度合にも依るんだけど、主キーあたりが大幅に変わってしまうと目が当てられないほど大変だ。。

何故大変かと言うと、何が問題なのかすぐに判別出来ないからだったりするw

「パスタ」の種類

1つ下の投稿で「リングイネ」という言葉が登場したけれども、パスタの種類のこと。(実は、食材を求めにスーパーに行った際は何のことか分からず、その場で手持ちのiPhoneで検索してしまったほどw)

「リングイネ」は短径1mm、長径3mmほどの楕円形をした「ロング・パスタ」。パスタと言えば、スパゲッティとマカロニくらいしか知らなかったが、例えば、うどんで言っても、讃岐うどんと煮込みうどんなんかが全く違う(ような食感)ように、月曜に使ったリングイネも下記のサイトのように、通常のパスタよりモチモチしていた気がする。。

http://www.shurey.com/Italy/pasta_pasta.html

家でパスタを作る際、どの麺を使うかなんて殆ど意識していなかったが、これは奥が深そうだ。

エビとトマトのリングイネ

昨日、、、というか一昨日の夜に作ってみました。

参考にしたレシピはこちら:

http://12ch.webpro16.com/2011/11/184.html

エビは、既にボイルしてあるものしか打っていなかった、、、orz

2012年5月22日

「英語の冒険」~その1~ apple

「英語の冒険」(メルヴィン・ブラッグ著)よりメモ。

シリーズものになるか分からないし、あまりに引用ばかりだと著者に怒られてしまいそうですが、古英語がフランス語に乗っ取られそうになった際に起きた「現象」の1つをご紹介。

「リンゴ(apple)」と言えば、故Steve Jobsが設立し、晩年にはiPhone, iPadなどの世界に衝撃を与え、時価総額世界一に導いたハードウェア会社があります。尤も、現在の業態が純粋なハード会社だとは思いませんが。。

歴史を紐解けば、AdamとEveのリンゴの方がずっと先で、その次、つまり第2のリンゴは万有引力の法則を発見したNewtonが有名。

Steveは、世界に衝撃を与えるべく「第3のリンゴ」を作るべく邁進した訳ですが、英単語appleの古英語版はæppelは、元々は果物全般を指していました。ノルマン・フランス語がEnglandに入ってきてからは、果物全体はfruit(s)というフランス語に取って替わられ、æppelの方はリンゴのみを表す表現になりました。

「第2のリンゴ」で世界的に有名になった物理学者Newtonが活躍し、20世紀初頭に量子力学/相対性理論にその座を奪われるまで、万物の理論と謳われていました。

現在のapple社が世界中のユーザから支持を受け、まさに「果実」を手にしており勢いが衰える気配がありません。世の習いに従えば、そんなapple社も混迷の時代、そして、「世界に新しい『衝撃』を与える未来の誰か」に引導を渡すことになるでしょう。そんな「彼」は世界に「果実」をもたらすのか、はたまたAdamとEveの原罪のように災いをもたらすのか。。。

いずれにしても、人々はその象徴として「リンゴ」を持ち出す気がしてなりませんが、皆さんはどうお考えでしょうか?!



その2につづく)


2012年5月21日

こんな感じで数式も書けるね。

$e^{i\pi}=-1$ という感じで数式も書けますね。あ、ちなみに、Eulerの公式ってやつです。 以前、はてなダイアリーさんにお世話になって有料オプションも使わせて頂きましたが、bloggerでも同じことが出来そうなので、以前のものはそのままにして、こちらに移転してこようと思いますー。