2013年1月30日

Lonely Planet around Tokyo

Kindle Paperwhiteを買ったぜ、っていう投稿の翌日にこんな記事を書くと「どんだけ読むの速いんだよ!」って言われそうですが、Kindleで端から端まで読み切った初めての洋書です。
(元々はMay_Romaさんのこの記事を拝見して面白そうだったので読み始めた、というのが正直なところです)



いや、Kindleを購入したのもちょっと前だったりするので、読書自体に数日かけてるんですが(w)、「これからKindleで洋書を読みたいォ!」という方にはいいかも知れせん。第一、英文としてのボリュームは満点なのに、400円強!(本書評記載時点)


この本は、日本に旅行で遊びに来る方のために地理や歴史、食べ物やらそのほか文化面など多方面から紹介する内容です。「灯台下暗し」的な文脈もあれば、「ちょっと端折り過ぎていないか」といったいろいろとツッコミを入れながら(いや、入れなくてもいいですが(汗))読むのが面白いかと思います。


個人的に面白かったのは、Food and drinkのあたりでしょうか。
自分が料理をするせいかかも知れませんが、食材の話(O-kome, Miso, Shoyuなど)あり、食堂や居酒屋の説明あり、飲食時のエチケットの話(箸の使い方!)あり。


文章の骨格も、紹介する内容によって区切られているので、今何を読んでいるのか(読者としての立ち位置)を見失うことも少ないと思いますし、語彙や英文の構造もさほど難しくないのではないでしょうか。


読者対象:
  • 兎も角、英文の多読・速読をしたい方
  • 日本の基礎知識を見直したい方
  • 外国人に日本を案内する羽目になった方