2013年1月26日

NHKテレビの外国語講座

と言っても、英語のは殆ど観ないんですけども、月曜~木曜の22時台にイタリア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語のテレビがあります。

ぶっちゃけた話、言語だけ勉強するならもっと効率の良い方法はあると思いますが、兎に角ツマンナイ作業の連続になりがちな外国語の勉強を如何に構成してるんだろ、と思ってちょくちょく観ています。

で、最近面白いな、と思ったのが、それら4ヶ国語の「横連携」がある点。

例えば、フラ語ならフランスの文化を紹介するっていうのがイワユル的な番組作りかと思うんですが、先日の放送では、イタリア語の番組なのに、何故かアルゼンチン・タンゴを紹介する、という謎の構成w
(因みに、アルゼンチン・タンゴは主にスペイン語の名前がついたステップが多いことを考えても、スペイン語講座で採り上げるのが筋でしょw)

今週は、「病気になったら、どうしますか?」ていうのを4ヶ国の方にインタビューしてたりして、面白い答えがあったりしていますね:)