2013年2月11日

きれいな英語、、、

CMで「私はきれいな英語を喋りたいんです」と著名な女優さんが謳っていますが、
そもそも誰がしゃべる英語が綺麗なの?
ってのが全く分からんね(汗)

もしかして、アメリカ英語が綺麗な英語、、なんて思ってないでしょうねw

「美しい日本語」って表現と似てて、"具体的にしないこと"で日本の消費者を釣り上げるコツなのかも知れませんけれども。

仮にその「美しい英語」ってのがあったとして、それ以外の方言っぽいもの全てを敵にする、ていうことも含まれちゃいますよね。。

まぁ、方言云々以前に「それぞれの発音記号に対して、どうやって音を出すのか」ってのを知っておく「基礎を作る」意味だとこの本がいいかと思います。


まぁ、そうは言っても、「口元を意識しながら話す」ってのは意外に大変なもんで、話しているうちにカタカナ英語に戻っちゃうのが、大人になってから英語を勉強した人の常なんですけども(涙)

個人的には「きれいな英語」って、話している本人からすると永遠に辿り着かないんじゃないか、、て思うんですが、いかがでしょ?!