2013年4月29日

「〜がある」の英・仏・西比較

「〜がある」ていう表現を
・英語
・フランス語
・スペイン語
の3ヶ国語で比較する、ていう話のメモ。

(この手のマニアック路線に突っ走ると、誰が読むんだていうネタにならざるを得ないんですけども必要な方は検索エンジンでこのページに辿り着いてくれることを期待して)

◆英語
there is/are ...
という形でbe動詞を使いますね。例えば、
There is a cat under the table.
みたいな感じで。

◆フランス語
il y a
という表現を使います。動詞は"a"の部分でavoir(英語のhave)の3人称単数形です。上記の例文は
Il y a un chat sous la table.
ですね。

◆スペイン語
hay
です。フランス語と同様、英語のhaveに相当するhaberの3人称単数の活用です。
Hay un gato debajo de la mesa.
ですねー。


それで、注目したいのが、
there is/are, il y a, hay
の表現の主語なんですが、英語ならthere, フランス語ならil, スペイン語だと(取り敢えずはじめに習う表現では)省略されています。

文法的に、、と言い出すと大変ですが、使う人の立場に立てば
「とりあえずナンカ置いとく」
くらいでいいんじゃないかなー、と思ったり。ただ、欧州言語では大事なbe動詞か、haveか(ドイツ語は別だった気がするけど。。)ってのは意識した方がいいかもですねー。

ちなみに、韓国語は日本語と同じく「〜がある」という動詞を使います。英語的にはexist(フランス語ならexister)を使う感覚でしょうか。
...가있어요

同時に4ヶ国語を勉強してみたり。

今年のGWの前半、家でのんびり系なので、時間がそれなりに取れるってことで、
日頃まとまった時間で勉強できない外国語に費やしてみることにしました。

言葉は、フランス語、韓国語、スペイン語そして英語。
(順番は、勉強する気が起きる順w)

◆初心者がはじめにやるべきこと?
スペイン語、韓国語は、文字通りの初心者なので、語彙を頭から突っ込んだり、基本的な文法を一から復習(実は何度か勉強したことはある)するところから、まさに地をはうような感じ。実際まとまって勉強して気づいたのが
「どこが動詞」に当たるかパッと見分け/聞き分けがつかない点
他の品詞はどの言葉でも死ぬほどあるし、チマチマ覚えるしかないんですが、
文の骨格を瞬時に見分けるにはまず動詞だなー、と思ったり。





◆ある程度動詞を覚えたら?
このレベルなのが、自分の場合はフランス語でしょうか。
Kindleで買った本を沢山読むべく、動詞に限らず文の中で覚えるのに熱心ですw

英語以外の外国語だとどうしても単語帳なるものがそもそも少ないので、
取り敢えず例文交えて頭に突っ込んでいるのがこの本:



この本で単語を覚えつつフラ語のKindle本もチラ見していますが、今の状況ではちょっと厳しいですね。。


◆で、英語は?
ひたすら沢山読んでいり聞いたりしている感じですねー。
たまに単語チェックということで、この本をパラパラめくっています。ど忘れ防止ですw






いま読んでいるのはこの本です。それほど語彙も難しくなく機械チックな話もあり個人的には読みやすいです:)



とあるSNSで、
今夜はどの言語で夢をみるんでしょうね?
とコメントを頂きましたが、残念ながら熟睡したようで記憶には何も残っておりません(大汗)
日頃チマチマと単語を覚えていたりするのも大事ですが、まとまった時間をとって勉強すると見えてくることもあるもんですね。

晴れてるからって、予定もないのに外出することもないですよ(←負け惜しみw)

2013年4月27日

なじみのお店

昨夜は、新宿の馴染みのイタリア料理のお店に行ったんですけれども、
メニューを渡されませんでした。何だろうなー、と思っていたら、
材料と調理法を言ってもらえれば、それに沿って作りますよ
とのこと。

「それに沿って」とは必ずしもメニューに載ってなかったり、
リストに載っていない飲み物(ワインなど)を提供してもらえました♪

ちょっと調子に乗って「ツケもやってくれるんですか?」と聞いてみたりしました(笑)

食事って、いわゆる食材や調理法云々もありますが、
いろいろおしゃべりしながら食べるのもいいもんですね。


2013年4月22日

√2が無理数であることの証明

四の五の言わずに証明してみよう♪
(証明)
$\sqrt{2}$が無理数でない、と仮定します。(背理法の仮定)
つまり有理数であると仮定しますので、
$\sqrt{2}=\frac{m}{n}, m, n\in \mathbb{Z}$
と表せるはずです。ここで、分数部分について互いに素(=共通因数を持たない)です。

定義から、
$2=\frac{m^2}{n^2}$より$2*n^2=m^2$です。

よって、$m$は2の倍数ですから$m=2p, p\in \mathbb{Z}$と書けるはず。
これを上の式に代入すると
$2*n^2=(2p)^2=4p^2$
両辺を$2$で割って
$n^2=2p^2$
これは、$n$が2で割れることを意味します。

ここで、$m, n$は共通因数を持たないはずでしたが結局$2$を共通因数を持つので矛盾。

これは背理法の仮定が間違っていたことを意味しますので、
$\sqrt{2}$が無理数であることが証明出来ました。

Q.E.D.

2013年4月19日

Shall we ...?

中学生の時だったろうか。
"Shall we ..?"は"Let's ..."と同じ意味だよ、なんて習ったの。

やっぱ、"Shall we.. ?"といったらアレでしょ:
日本語で誘うときは何と言っているかというと、 もちろん、「踊りませんか」「踊って頂けますか」もあるけど、結構聞くのは「お願いします」だ。
(quote from http://majonekomajori.blogspot.jp/2013/04/shall-we-dance.html )

これでも、曲りなりにヒトマエで踊ったことがある身として、自分はどう言ってるかなー、と考えてみると、多分「踊りましょ」とか、仲が良い人なら「踊りまひょ」となりますな。

でも、英語しか通じない相手以外で"Shall we dance?"なんて恥ずくて使えないw

----


そういや、会社で日本人1人、ガイジン3人連中と電話で会議を仕切る時なんかは、自分から
Shall we start now?
とか言っている気がするなー。こういう言い回しが一般的かしらないけど、"Let's start."は何となくガキっぽい気がしたり、安っぽい英会話教室の香ばしいカホリが。。。

とは言っても、"Shall we start?"がどうなのって話の裏は取ってないんだけどww

----

全く関係ないけど、電話越しでしか話したことがないけど、そこそこ仲良くなったフラ人とは、英語を喋っていても、こっちがしつこく「数字だけフラ語」のルールを使い出したら、あっちも何食わぬ感じで言ってきてウケたw
OK. Move on the next question, that is number cinquante-neuf.
いや、だから何だ、ていう話なんだけどもw

実は、先週から2週間ほど休暇だかでそのcounterpartと10日ほど話せてないんだよなー。
元気でやってるだろうか。

彼への仕事上の質問は凄まじく溜まっているので、これみよがしにマシンガンのように話してみようか(鬼)

----

我ながら、いつにも増してまとまりのない文章だ。
疲れてるかなw

偉人伝

明治時代くらいの偉い人で、
「○○語を勉強する際、辞書をまるごと覚えたぞ!」
みたいな逸話が出てくるのだが、これは本当なんか?という疑問をとあるSNSでぶつけたところ、

  • 覚えたと本人は言ったかも知れないが、テストはしたのか?
  • どの時代も、どや顔したい人はいるもんだ

との凄まじくポジティブな回答をもらって、何だか肩の荷が降りた感じがしますた。


いや、本当に出来た人がいてもいいし、実際のところはそーいう優秀な方が今日の日本を作ってきたのかも知れませんので足蹴には出来ませんけれども、今となっては検証不可能なことに思い悩む必要は無いですよね♪
(なんてオチだw)

2013年4月15日

「1日を30時間にする 時間創造術」

んな◯カなァ、というタイトルですけれども「40歳からの外国語」シリーズ第6弾!
あまり内容を書きすぎるとネタバレになってしまいますが、
1) 時間を創造する。
2) 時間を拡大する。
3) 時間を節約する。
4) 時間を制御する。
の4点から、具体的に何を削るべきかを著者の体験談を踏まえて書き連ねています。やはり、一番パンチが効いているな、と思ったのは、
新聞・雑誌を読まない
というもの。いや、「紙の新聞を読んでも仕方ないよ」というのはよく聞く話ですが、「別に紙でもwebでも新聞の情報って要らないんじゃね?」と。そのlogicが気になる方は、本書を手にとってみてくださいね(電子書籍ですが、、)


多分、ワタクシみたいに数学をやっていた人間が知り合いだからか、こんな一節はちょっと吹いてしまいました:
最近になってようやく解けた「フェルマーの最終定理」を例にあげますと、医学のアプローチだと「その定理に当てはまる素数を数十億パターン確認したけれどなかった。だから定理は正しい。」と言っているようなものです。 
こういうアプローチは数学者に笑われます。 
論理的ではないのです。
実際その通りでして、数学や論理学の文脈では、有限のサンプルをいくら持ちだしたところでこの手の定理は「何も言っていないに等しい」わけです。


最後にもう1つだけ。
個人的に参考にしなきゃな、と思ったのは「速読」のパート。
最近気づいたのが「速読と言って速く読んでいる気になっていたけれど、根っこまで理解してないことが多い」ということ。


さてと、こんなblog書いている暇があったら、勉強しよう♪


amazon.co.jpなら、こちら:



amazon.comからはこちら:

2013年4月11日

ヒジョーに疲れる電話会議

昨日の夕方、ガイジン3人に対し日本人1人(ワタクシ)で英語で電話会議をしたんですけども、ぶっ続けで喋りまくってたら凄まじく疲れたわけです。

でも、M島さんがおっしゃるように、通訳モドキをやってたわけでもないのに、たかは英語を喋るだけで何でこんなに疲れたかって、
「お互いの専門用語の定義が若干違ってて、それを擦り合わせるのに妙に神経を使ったから」
ではないかと思うのです(汗)

勿論、自分にとって英語は外国語ですけども、その英語を使って話し相手が使う英語の文脈を察しながら1つずつ確認する、と。

ぶっちゃけたところ、議題はそれほど多くなかったんですが、それにも関わらず、1.5時間もかかったのにはちゃんと理由があるんすな〜。

「土台」がしっかりしてないところに家を建てようとしてるイメージなんだろーか、これは。

しかも、ベタに電話会議なので、「このページのここだけどさ」てのが目の前で出来ない歯痒さも手伝っていたりしました。

来週もこんなんで疲れるんだろーか(涙)

まぁ、そんなこんなで、
「ガイジン相手に怯まずに立ち向かう勇気」
みたいのは着実に身につきつつありますw

2013年4月8日

フラ人と英会話 - (2)

そもそもですが、
「皆さんが英語を話したいとして、どんな話題を具体的にイメージしますか」
ってところがまずは大事だと思います。

一応、ワタクシ的には仕事の要件を伝えるのが主目的で、それに沿ってお話ししようと思いますが、そうでない場合も
「何を話すのか」
を、まずは母国語で良いので具体的にイメージして下さい。

仕事柄、IT系の用語が飛び交うんですけれどもワタクシが置かれている立場は
「曖昧なく確実に相手と意思疎通すること」
が主目的で、日々電話をするのは
「その手段が手っ取り早いから」
以上の理由はありません。

繰り返しになりますが、大事なのは話すべき内容を具体的にイメージすること。

ガイジンの友達と話す、でもいいし、
ナンパするでもいいしw

何故こんなお硬い話から入るかって、
やっぱり英語に限らず外国語を完璧に話すってのは凄まじき集中力と継続がモノをいう世界だからです。
(何でもそうですが、、)

目標達成以外の属性を、とりあえずは横に置かないと徒労の割に何も身につかない羽目になります。

人生、意外に短いですし(多分)、
無駄に苦しまないようにするための防波堤だと思って下さい。

フラ人と英会話 - (1)

日々、仕事でフラ人(=フランス人)と電話会議をしています。こんなblogを書く割にどちらかと言うと人見知りで、人と打ち解けるまでに時間がかかる性格ですが、そんなんでも、とりあえず仕事相手とはビビらずに英語で仕事の要件+αくらいは話せております。

フラ人と仕事をする羽目になっている人口が日本にどれだけいるか分かりませんが、
留学経験も、専門教育(外国語大学や文学部で学んだ経験や通訳/翻訳トレーニングなど)を受けなくてもゆるい会話くらいなら何とかなる、ってるってあたりをまとめてみます。

似たような境遇の方々へのご参考になれば、と思い。。

2013年4月7日

認知的不協和はやっぱり避けたいもんねー。


SNSでも、webメディア一般、もっと拡大してもいいかもですが、
やっぱり人って自分の観たい情報、聴きたい情報にアクセスしたり解釈したりするもんですよね。

昨日、とあるセミナーに足を運んでみたんですが、その後の飲み会で、
scheduleていう単語を多くのイギリス人は「セジュール」のように発音する。イギリスに数年いた経験があって彼らは「セジュール」と発音していたかもしれないが、自分の耳には「スケジュール」としか聴こえていなかった
というお話を伺いましたし、
もっと卑近な例だと、twitterのfollow機能、SNSの友達機能って、要は聞こえのいい友だちからしか情報を入れたくないってことですよね、当然ですが。

先月末にvideonewsの5金特集で、食に関する特集をやっていましたが、
日頃口にしている野菜や食肉に関しても(「真実」とは敢えて言いませんが)一般消費者が知りたくない「事実」ってのも結構あるようで、
↓のYouTubeでも見られる映画を引き合いに「知らなかった方が良かったかもしれない事実」について話されていました。


グローバル化って避けられないんでしょうが、かと言って得体の知れないモノを恒常的に口にするってどうなんかな、、て思ったりするわけですよ。

一方で、日頃、自分たちが何が出来るかって限られている気もするし、
根深い問題だし、1人で考えても仕方ないよなー、と風が凄まじく強い日曜の午後に考えてみたりしますた。

2013年4月1日

のび太くん、発見。

電車でのび太くん発見。乗り込んでから、椅子に座り出発するまでの数分でいびきをかいておるw

Il y avait un homme, qui semblait "Nobobita-kun" qui est un personnage dans la manga de Doraemon. Il a pris le train, s'asseyait et a ronflé dans quelque minutes.

I found a person, who looked like Nobita-kun, who is a character in a famous manga "Doraemon". He took a train, sit down the chair and slept in a few minutes.