2013年4月11日

ヒジョーに疲れる電話会議

昨日の夕方、ガイジン3人に対し日本人1人(ワタクシ)で英語で電話会議をしたんですけども、ぶっ続けで喋りまくってたら凄まじく疲れたわけです。

でも、M島さんがおっしゃるように、通訳モドキをやってたわけでもないのに、たかは英語を喋るだけで何でこんなに疲れたかって、
「お互いの専門用語の定義が若干違ってて、それを擦り合わせるのに妙に神経を使ったから」
ではないかと思うのです(汗)

勿論、自分にとって英語は外国語ですけども、その英語を使って話し相手が使う英語の文脈を察しながら1つずつ確認する、と。

ぶっちゃけたところ、議題はそれほど多くなかったんですが、それにも関わらず、1.5時間もかかったのにはちゃんと理由があるんすな〜。

「土台」がしっかりしてないところに家を建てようとしてるイメージなんだろーか、これは。

しかも、ベタに電話会議なので、「このページのここだけどさ」てのが目の前で出来ない歯痒さも手伝っていたりしました。

来週もこんなんで疲れるんだろーか(涙)

まぁ、そんなこんなで、
「ガイジン相手に怯まずに立ち向かう勇気」
みたいのは着実に身につきつつありますw